安心して治療を受けられる歯医者

早く気づくことが大事

クリーニングをしてもらう

検診の際に、歯のクリーニングをしてくれる歯医者を利用してください。
すると歯に溜まった歯垢や歯石も綺麗に落とせるので、虫歯予防に繋がります。
虫歯になってから歯医者に行けば良いと思っている人が多いですが、それよりも虫歯にならないように努力した方が、負担を削減できると覚えておきましょう。
さらに最近の歯医者は、クリーニングのあとにフッ素を塗ってくれます。

フッ素は歯磨き粉にも含まれている成分で、歯にコーティングすると汚れが付きにくくなる特徴を持っています。
つまり汚れや虫歯菌から歯を守ってくれる、バリアのような働きをする非常に優れた成分です。
こちらも虫歯を予防するために必要なので、定期的に塗ってもらいましょう。

数か月に1回は行くこと

最も良いのは、1か月に1回歯医者に行って検診を受けることです。
それなら虫歯の初期状態に気づいて、そのまま治療を開始できます。
初期の頃なら被害もそこまで大きくないのですぐに治療が終わりますし、痛みもほとんど感じません。
メリットが多いので、虫歯の初期状態で気づけるように努力しましょう。

しかし仕事が忙しい人は、1か月に1回歯医者に行くのは難しいと思います。
どうしても無理なら、3か月に1回にしましょう。
それでも十分、虫歯予防に効果を発揮できます。
しかし半年に1回や、1年に1回という頻度になると虫歯になっていても気づけず、治療が遅れるので注意してください。
前もって歯医者に行く日を決め、それに沿って他のスケジュールを決めましょう。


この記事をシェアする

↑ページの先頭へ